【防災部】

自主防災
災害が発生した場合、被災地区での初期対応が早いほど、負傷者の救出、救助や二次災害の防止効果が高くなります。災害発生後の各救援組織の活動力は、災害の経過時間によって大きく異なります。
災害の発生時において行政活動が極めて限定された状況に陥ったときには、被災地域には周辺地域の消防団、町内会など自主防災組織が、一刻も早く、逃げ遅れて閉じ込められた人や生き埋めになった被災者の救出、救助、救援活動を行うことが必要になります。
特に被災地外からの救助活動が見込めない災害初期段階こそが、生存者の救命率を高める貴重な時間となります。このような災害発生直後の初期段階の救出、救助活動の重要な鍵をにぎるのが消防団、町内会などの自主防災組織です。



レスキューシステム

コンテナのサイズ

(格納寸法)

高さ :  約 2395mm
巾  :  約 1900mm
奥行 :  約 2400mm

(展張時寸法)
軒高さ :  約 1850mm
巾    :  約 5550mm (床部)
       約 5870mm (屋根部)
奥行  :  約 2180mm (床部)
       約 2230mm (屋根部)

(展張時面積)  約 12u
(空重量)     約 750kg
(収納品)       各種

コンテナ装備品商品内容例



【商品紹介】


初期消火用資機材
救助用資機材
救護用資機材
食料・生活用品
個人装備品

   

防災部門トップページへ