帝商株式会社
くらしを守る
カンパニー(企業防災)
■地震は必ずやってくる
■企業を取り巻くリスク
■企業防災充実の高まり
■企業防災の基本理念は自助
■企業防災へ取組みに
ついて

■企業の防災に対する
取り組みの実情

■企業の防災対策
■個々の対策について
(1)減災対策
(2)避難対策
(3)救助対策
(4)安否確認対策
(5)帰宅困難者対策
(6)水・食料・トイレ等の
備蓄対策

(7)マニュアルの作成
(8)事業継続対策
■新型インフルエンザについて
■新型インフルエンザとBCP…生命そのものに対する危機
■新型インフルエンザ
(パンデミック)対策

コミュニティ(地域防災)
ファミリー(家庭防災)
プロユース
カンパニー(企業防災)
■ 地震は必ずやってくる。しかも時と所を選ばない。
災害とりわけ地震大国日本では地震は必ずやってきます。絶対安全という地域はありません。
平成23年3月11日14時46分、牡鹿半島の東南東130km付近の三陸沖を震源とし、震源域が岩手県沖に及ぶマグニチュード9.0の地震が発生しました。この地震の規模は観測史上国内最大規模、世界で見ても1900年以降に発生した地震では4番目の規模でした。
我が国の主な被害地震(明治以降)
我が国の主な被害地震
※平成23年防災白書より抜粋
とりわけ東京・横浜地区は世界の大都市の中でも、自然災害の危険度が格段に高いといわれています。ちょっと古いデータですが、平成15年3月にミュンヘン再保険会社が公表した「世界大都市災害リスク指数」によれば、東京・横浜地区のリスク指数は710で、主要50都市の中で1位。2位のサンフランシスコの指数が167ですから、そのリスク度合いが分かろうというものです。ちなみに大阪・神戸・京都地区は指数92で4位です。
首都直下地震の切迫性
※平成19年防災白書より抜粋
防災用品のお求めはNET SHOP テイショーへ 防災対策のご相談・お問い合わせ
プライバシー・ポリシー(個人情報保護法方針) お問い合わせ
All Rightsreserved, Copyright(c)2005 Teikoku Sen-I Co,.Ltd.
当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(文章、写真、イラスト、デザイン等)の著作権その他の権利は、当社またはその他の権利者に帰属します。