帝商株式会社
くらしを守る
カンパニー(企業防災)
■地震は必ずやってくる
■企業を取り巻くリスク
■企業防災充実の高まり
■企業防災の基本理念は自助
■企業防災へ取組みに
ついて

■企業の防災に対する
取り組みの実情

■企業の防災対策
■個々の対策について
(1)減災対策
(2)避難対策
(3)救助対策
(4)安否確認対策
(5)帰宅困難者対策
(6)水・食料・トイレ等の
備蓄対策

(7)マニュアルの作成
(8)事業継続対策
■新型インフルエンザ対策
コミュニティ(地域防災)
ファミリー(家庭防災)
プロユース

 
 
 




●新型インフルエンザとは

    動物、特に鳥類にのみ感染していた鳥インフルエンザウイルスが、ヒトに
    感染しその後ヒトの体内で増殖できるよう変化し、ヒトからヒトヘ容易に
    感染するようになって起こる疾患をいいます。ヒトは新しいウイルスに免疫を
    持たないので、発生すると世界中を巻き込んだ大流行となる恐れがあります。

●元になる鳥インフルエンザとは

    鳥インフルエンザウイルスは、水鳥などの腸管内でもともと無害な状態で
    存在していますが、これが渡り鳥により世界中に拡がっていきます。この
    鳥インフルエンザウイルスには、弱毒型、強毒型があります。弱毒型の
    場合は、腸管や呼吸器といった一部の臓器のみで増え、症状はほとんど
    出ません。これに対し、強毒型では全身に感染が拡がり、1〜2日でほぼ
    100%が死亡しています。

●いま懸念されているH5NI型ウイルスは強毒型

    H5N3型鳥インフルエンザウイルスは強毒型で、これから新型インフルエ
    ンザが発生すると、過去の新型インフルエンザとは全く異なる極めて危険度
    の高いものとなる可能性が大きいといわれていよす。現にWHOが確認して
    いるだけで385人が感染し(2008年6月現在)、致死率は60%を越えています。

●新型インフルエンザ発生は時間の問題

    現在は発生するか否かといった議論の時ではなく、WHOも「H5NI型の
    新型インフルエンザの発生は、発生するかどうかの問題ではなく、いつ
    発生するかの問題だ」といっています。また−度発生すると、都市への
    人口集中や高速交通機関の発達した現在の世界では、極めて短期間に
    世界中に拡がると予測されています。

新型インフルエンザ対策用品紹介
                    
 マスク           保護装備品     消毒・セット品
 


■お問い合わせ : 電話 03-3281-4221 / メールでのお問合せ

プライバシー・ポリシー(個人情報保護法方針) お問い合わせ
All Rightsreserved, Copyright(c)2005 Teikoku Sen-I Co,.Ltd.
当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(文章、写真、イラスト、デザイン等)の著作権その他の権利は、当社またはその他の権利者に帰属します。