帝商株式会社
くらしを守る
カンパニー(企業防災)
コミュニティ(地域防災)
ファミリー(家庭防災)
■地震は必ずやってくる
■減災対策
■避難救助対策
■家族の安否確認
■避難生活(備蓄)対策
■新型インフルエンザ対策
プロユース
ファミリー(家庭防災)
■ 減災対策
地震は人間の力では止められません。となれば、起きた時の被害を最小限に止める努力が一番大事です。
(1)建物は大丈夫か
1 :  1981年(昭和56年)5月31日に建築基準法の一部改正があり、耐震基準が強化されました。自分が住んでいる家が、耐震基準強化後のものか否かは、危険度判定の目安となります。
2 :  耐震基準強化後だからといって、100%安全とは限りません。さらに不安があれば耐震診断を受けられることも一つの方法です。
※平成19年防災白書より抜粋
(2)家具・電化製品等の転倒防止
眠っている間に大きな家具が倒れてきたら大変です。またテレビやパソコンは文字通り飛んできて凶器と化す恐れがあります。
日頃から家具等の配置の確認や、その固定化が極めて大事です。
耐震BOX

圧着Wポール

家具転倒防止用安定板


(3)ガラスは凶器
大きなガラス戸や窓、部屋を明るく開放的にするガラスも地震の時は凶器に早変わり。今やガラスはそこいら中にあります。ガラスの飛散防止フィルムを貼っておくだけで被害を抑えることができます。
ガラス飛散防止フィルム クリアタイプ
・凹凸ガラスタイプ
(4)その他
1 :  タンスや食器棚等の両開きの扉も、中のものが飛び出さぬよう閂の要領で止めておくことも効果があります。
2 :  地震の後は火災が心配。消火器は必ず設置しておくことが必要です。
防災用品のお求めはNET SHOP テイショーへ 防災対策のご相談・お問い合わせ
ページの上へ戻る
プライバシー・ポリシー(個人情報保護法方針) お問い合わせ
All Rightsreserved, Copyright(c)2005 Teikoku Sen-I Co,.Ltd.
当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(文章、写真、イラスト、デザイン等)の著作権その他の権利は、当社またはその他の権利者に帰属します。