帝商株式会社
くらしを守る
カンパニー(企業防災)
コミュニティ(地域防災)
ファミリー(家庭防災)
■地震は必ずやってくる
■減災対策
■避難救助対策
■家族の安否確認
■避難生活(備蓄)対策
■新型インフルエンザ対策
プロユース
ファミリー(家庭防災)
■ 家族の安否確認
時や所を選ばない地震。家族がバラバラの状態で地震が発生する確率は極めて高く、その安否確認は極めて重要な問題となります。
(1)電話や携帯電話は使えない
1 :  災害時には安否確認電話が被災地に殺到。さらに一般電話は揺れで受話器が外れ、通話状態になることも加わり、回線がパンクしてしまうため、NTTで回線規制の措置をとるからです。
2 :  公衆電話は規制対象から外されていますが、最近は携帯電話の普及で台数も減り、あっても長蛇の列でなかなか使えないのが実情です。
(2)日頃より家族間で以下の確認方法を決めておくことが必要です。
1 :  被災地以外の地域に中継地点を作る。例えば、親戚等に各々が連絡し、間接的に確認を取り合うのです。
2 :  NTT災害伝言ダイヤル「171」を活用する。利用方法は「171」をダイヤルし、利用ガイダンスに従ってダイヤル伝言の登録・再生を行う
3 :  iモードの「災害伝言サービス」(災害時のみメニューに表示)を活用する。
(3)避難カードに掲載しておく
(2)の方法は日頃からの確認が必要です。また忘れないように避難カードに中継地点の電話番号や、(2)の2・3の活用方法を掲載しておくと、いざというときに慌てないですみます。
■ 避難生活(備蓄)対策
何をどれ位備蓄すればいいのか
1 : 基本的備蓄品
区分 品名 賞味期限・耐用年数 備蓄数量
保存水 5年 1人×3リットル×3日
主食 カンパン 5年 1人×3食×3日
クラッカー
アルファー米
パン
トイレ 簡易トイレ 7年 1人×5回×3日
受けネット 設置洋式便器と同数
組立式トイレ 1個
個人装備 ヘルメット 3年・5年 1人1個
軍手 1人1双
簡易ブランケット 1人1個
2 : その他
ラジオ、懐中電灯、携帯充電器、電池、防塵マスク、ゴーグル、寝袋、トイレ用テント、飲料水容器、カセットガスコンロ、予備ガスボンベ、調理セット、食器、割り箸、サランラップ、歯磨きセット、水のいらないシャンプー、衣類、肌着、毛布、ブルーシート、ゴミ用ビニール袋、使い捨てカイロ、携帯用浄水器、救急セット、生理用品、トイレットペーパー、ウエットティッシュ
防災用品のお求めはNET SHOP テイショーへ 防災対策のご相談・お問い合わせ
ページの上へ戻る
プライバシー・ポリシー(個人情報保護法方針) お問い合わせ
All Rightsreserved, Copyright(c)2005 Teikoku Sen-I Co,.Ltd.
当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(文章、写真、イラスト、デザイン等)の著作権その他の権利は、当社またはその他の権利者に帰属します。