連結送水管耐圧点検
消防法令に基く、建物の維持管理はハード面、ソフト面ともに建物(防火対象物)を所有・管理する防火管理者などの職責に掛かっています。しかし、防火管理者が自ら職責を果たすには限界があります。
従前から実施されていた消防用設備などの点検結果報告において、連結送水管の耐圧性能点検が追加されました(平成14年3月12日消防庁告示・平成14年7月1日施行)。
この連結送水管の耐圧性能点検を防火管理者などに代わり実施する為、当社には誠実に防火管理業務を手助けする専門技術者が控えており、重要な業務の一環として、この点検から不備改修工事まで行っています。
種々のご相談を承りますので、お気軽にご用命くださいますよう心よりお待ちしております。


                

【連結送水管の耐圧性能点検までの流れ】
【ご依頼】 【事前打合せ】
  • 設置後10年を経過した連結送水管。
  • 耐圧点検後3年を経過した連結送管
お見積(無料)

現地調査

設計図書

ご契約

点検日の決定
【耐圧性能点検】  【事前点検】
  1. 連結送水管・設計送水圧まで加圧。
  2. 締切送水圧 (3分間)。
  3. 圧力計の低下確認。
  1. 送水口の確認。
  2. 配管・止水弁など設備の確認。
  3. 放水口・パッキンの確認。
  4. 設計送水圧の確認。
  5. 道路・交通状況の確認。
報告書作成・お客様へ提出。 お客様が消防署へ報告