【畳 の 床 材】

従来は、わら床が主流でしたが、減反政策やコンバインの普及により、床の原料にできる藁が減り、インシュレーションボードとポリスチレンフォームの組合せなど、さまざまなタイプの畳床が使われています。

わら床 

昔ながらの心材(床)です。
足あたりは心地よく、吸放湿性に優れています。
現在では、充分に乾燥させた藁を使っていますので、ムシの心配はほとんどありません。
わらサンド (フォームサンド)

足あたりはわら床に似ていて、わら床より表面が平らに仕上がります。
わら床より軽量です。
建材V型

インシュレーションボードでポリスチレンフォームをサンドイッチにしたものです。
各材料ともVOCやホルムアルデヒドなどの放出はなく、わら床などの天然床より全般的に安価です。
建材U型

インシュレーションボードとポリスチレンフォームの2重構造の組合せです。
床下からの湿気に強く、より軽くできています。
建材T型

インシュレーションボードのみの組合せです。
別名オールボード床。
建材床全般に自由設計にも対応できるメリットがあります。