【畳工事施行例】

時期はフローリングに取ってかわられましたが、「1部屋は畳の部屋を」という方が増えてきました。中身は「わら床」 「わらサンド床」 「建材床」 とあります。
インシュレーションボードとポリエチレンフォームの組合せの建材床が主流です。
最近では、昔ながらの足ざわりのわら床も人気が復活してきました。
畳表は、香りのいい天然い草が主流ですが、メンテナンスフリーの化学表 (PP製、和紙製)なども増えています。




(従来の畳)


昔ながらの畳です。
価格的にも購入しやすく、お客様が泊まるのにも便利です。
緑のデザインにより部屋の雰囲気がガラリと変わります。


(琉球調縁なし畳)

最近の流行です。
カラーの化学表でおしゃれな和室を演出できます。

(置畳)


フローリングの部屋ばかりだけどゴロゴロしたいという方にお奨めです。
厚みは15mm。
並べて置くだけです。裏の滑り止めでずれません。
使用している畳表の内容により価格は変わります。


商品紹介へ

畳のお手入れへ

産業資材部門トップページへ